学ぶ・知る
ノロウイルス





発生及び拡大防止対策
調理従事者等の感染予防対策



@ 調理従事者等は、トイレ及び風呂等における衛生的な生活環境の確保、流行期には十分に加熱された食品を摂取する等により感染防止に努めるとともに、徹底した手洗いの励行を行うなど自らが施設や食品の汚染の原因とならないように注意する。また、調理従事者等は体調に留意し、健康な状態を保つように努める。
A 調理施設においては、調理従事者等は飲食店等の利用者とは別の専用トイレを設けること望ましく、使用後は流水・石けんによる手洗い(1回では不十分な可能性があるので2 回以上)が不可欠である。
B トイレ後は使い捨てペーパータオルを使用して手を拭き、タオル等の共用はしない。
C 施設管理者は調理従事者等を含め職員の健康状態の把握を組織的・継続的に行い、調理従事者等の感染及び調理従事者等からの施設汚染の防止に努める。



学ぶ・知る・ノロウイルス